東名高速道路の建設中に発見された異世界“エルス”。

過去の戦争によって文明は衰退し、
日本と同じだった地形も大きく形を変えた。
生き残った人々は各地で集落をつくり、細々と生活を送っていた。

やがて、異世界との交信を目的に合併会社「NEFCO」が設立される。
復興支援の方法は、情報のやりとりだけ。

日本各地で観測された“窓”を通じてエルスの少女たちと交信が始まり、
生きる知恵と、日本の技術と、人々の親愛が、惜しみなく供与されていく。

これは“エルス”に生きる少女たちと、日本の心をつなぐ物語──

ワールド

“エルス”の考察

“エルス”とは、日本で発見された異世界の通称である。
戦争で使われた殺戮兵器が未だ野に放たれたままになっており、
魔法が使えない種族は怯えて暮らし、長らく生活は貧窮している。

エルス各地には、我々の日本と映像と声だけが交換できる窓が発見され
窓を通じて日本の知識や知恵、住人との交流が盛んにおこなわれている。

現在“窓”は日本の高速道路のサービスエリア付近に多く確認されている。
しかし“窓”はだた覗き込み、会話をするためだけのもので
世界を行き来することはできない。

このおとぎ話のような世界を信じるものだけに窓は開き、
交流できるとも言われている。